自由民主党執行部(岸信介)

時期 総裁 副総裁 幹事長 総務会長 政調会長
第1次岸内閣
(57年3月)

岸  信介
(岸)

−−−− 三木 武夫
(三木・松村)
砂田 重政
(河野)
塚田十一郎
(石井)
第1次岸改造内閣
(57年7月)

岸  信介
(岸)

大野 伴睦
(大野)
川島正次郎
(岸)
砂田 重政
(河野)
三木 武夫
(三木・松村)
政調会長補任
(57年12月)

岸  信介
(岸)

大野 伴睦
(大野)
川島正次郎
(岸)
佐藤 榮作
(佐藤)
三木 武夫
(三木・松村)
第2次岸内閣
(58年6月)

岸  信介
(岸)

大野 伴睦
(大野)
川島正次郎
(岸)
河野 一郎
(河野)
福田 赳夫
(岸)
3閣僚辞任後
(59年1月)

岸  信介
(岸)

大野 伴睦
(大野)
福田 赳夫
(岸)
益谷 秀次
(池田)
中村 梅吉
(河野)
第2次岸改造内閣
(59年6月)

岸  信介
(岸)

大野 伴睦
(大野)
川島正次郎
(岸)
石井光次郎
(石井)
船田  中
(大野)
1957年 3月:1957年3月21日。自民党総裁公選の結果、自民党2代総裁に岸信介が就任。
1957年 7月:石橋湛山体制を継承してきた岸が内閣改造及び党役員人事に着手。
1957年12月:政調会長・砂田民政が死亡。後任に佐藤榮作が就任。
1958年 6月:衆議院選挙後の組閣・党三役人事。
1959年 1月:1958年12月(反主流派3閣僚辞任)からの反主流派の反発を交わすために役員人事を行う。
1959年 6月:参議院選挙後の内閣改造・党役員人事。

T・役職の氏名欄の赤字は新しく就任した人物、青字は同じ役職に復帰した人物、留任の場合は通常色で記載する。
U・氏名の下の()内は所属派閥を示す。ただし、派閥解消が行われた後も政策集団の実質的な領袖の表示で記載してある。

This episode in "the historical novels of 100years after".
Copyright © 1999-2007 Tomomi Inaba. All Rights Reserved.