▲▲ 『100年後の歴史小説』表紙 ▲▲

東久邇宮稔彦王内閣
  在任期間:1945年8月17日〜1945年10月9日

 
第1次 閣僚補任 閣僚補任 (職名) 閣僚補任 省庁編成 閣僚補任 閣僚補任
閣僚に変更のあった日付
45年08月17日 45年08月18日 45年08月19日 45年08月23日 45年08月26日 45年09月15日 45年09月19日
内閣総理大臣
東久邇宮稔彦王 東久邇宮稔彦王 東久邇宮稔彦王 総理 東久邇宮稔彦王 東久邇宮稔彦王 東久邇宮稔彦王 東久邇宮稔彦王
外務大臣
重光葵 重光葵 重光葵 外務 重光葵 重光葵 吉田茂 吉田茂
内務大臣
山崎厳 山崎厳 山崎厳 内務 山崎厳 山崎厳 山崎厳 山崎厳
大蔵大臣
津島壽一 津島壽一 津島壽一 大蔵 津島壽一 津島壽一 津島壽一 津島壽一
陸軍大臣
(首相兼任) (首相兼任) (首相兼任) 陸軍 下村定 下村定 下村定 下村定

海軍大臣

米内光政 米内光政 米内光政 海軍 米内光政 米内光政 米内光政 米内光政
司法大臣
岩田宙造 岩田宙造 岩田宙造 司法 岩田宙造 岩田宙造 岩田宙造 岩田宙造
文部大臣
(厚相兼任) 前田多門 前田多門 文部 前田多門 前田多門 前田多門 前田多門
厚生大臣
松村謙三 松村謙三 松村謙三 厚生 松村謙三 松村謙三 松村謙三 松村謙三
大東亜大臣
(外相兼任) (外相兼任) (外相兼任) 大東亜 (外相兼任) (廃止) × ×
農商大臣
千石輿太郎 千石輿太郎 千石輿太郎 農商 千石輿太郎 (廃止) × ×
農林大臣
× × × 農林 × 千石輿太郎 千石輿太郎 千石輿太郎
軍需要大臣
中島知久平 中島知久平 中島知久平 軍需要 中島知久平 (廃止) × ×
商工大臣
× × × 商工 × 中島知久平 中島知久平 中島知久平
運輸大臣
小日山直登 小日山直登 小日山直登 運輸 小日山直登 小日山直登 小日山直登 小日山直登
国務大臣
近衛文麿 近衛文麿 近衛文麿 国務 近衛文麿 近衛文麿 近衛文麿 近衛文麿
国務大臣
緒方竹虎 緒方竹虎 緒方竹虎 国務 緒方竹虎 緒方竹虎 緒方竹虎 緒方竹虎
国務大臣
× × 小畑敏四郎 国務 小畑敏四郎 小畑敏四郎 小畑敏四郎 小畑敏四郎
内閣書記官長
(緒方国務相兼任) (緒方国務相兼任) (緒方国務相兼任) 書記官長 (緒方国務相兼任) (緒方国務相兼任) (緒方国務相兼任) (緒方国務相兼任)
内閣法制局長官
村瀬直養 村瀬直養 村瀬直養 法制局 村瀬直養 村瀬直養 村瀬直養 村瀬直養
内閣副書記官長
× × × 副書記官 × × × 高木惣吉
備考欄
 
文相に前田多門を補任。
国務相に小畑敏四郎を補任。
備考欄
陸軍相に下村定を補任。
大東亜省・農商省・軍需要省廃止。農林省・商工省を設置。農林相に千石輿太郎が、商工相に中島和久平が閣内移動。
戦後処理問題で東久邇宮首相と重光外相が対立し、外相を更迭。外相に吉田茂を補任。
内閣副書記官設置。

1)閣僚が複数の役職兼任する場合などは主に本務とされる役職に閣僚氏名を表記し、
  兼任している役職については(○○大臣兼任)などと記載する。
2)閣僚氏名の赤字は新しく就任した大臣、再任の場合も空白期間がある場合は赤字で表記。
  役職名の赤字は各内閣の期間内に設置された役職名。
3)閣僚氏名の緑字は閣内異動、通常色は留任。
  各内閣一列目の緑字は前内閣から閣内異動、通常色は前内閣からの同役職での留任を表す。
4)役職名・閣僚氏名の薄紫字は国務大臣を必要としない役職。
  ただし、国務大臣が兼任している場合、閣僚氏名は通常色で表記。
5)閣僚氏名の欄に表記されている「×」は役職の設置前または廃止後。
  「−−−−」は欠員をあらわす。



This episode in "the historical novels of 100years after".
Copyright © 1999-2007 Tomomi Inaba. All Rights Reserved.